21世紀のトラ

21世紀のトラ

Indian tiger in Kanha 2014

Indian tiger in Kanha 2014

21世紀のトラ とは野生のトラの保全計画のために資金調達を行う唯一無二の試みです。現在、ドリームワールド野生生物基金(Dreamworld Wildlife Foundation)およびロンドン動物園協会(Zoological Society of London)がその会員になっています。

21世紀のトラは1997年に設立され、世界におけるトラのための基金トップ7のうちのひとつに入っています。これまでに 7ヶ国における70のトラ保全計画のための130以上の案件に対し、190万ポンドの貢献を行ってきました。

21世紀のトラは、姉妹機関であるアムールヒョウおよびトラ同盟(ALTA:Amur Leopard and Tiger Alliance)と密接に連携しています。ALTAはロシア極東地域におけるアムールトラおよびアムールヒョウの保全基金です。

私たちの使命

私たちは次世代のために野生下におけるトラを守るべく協働します。

そのために、以下の内容を成し遂げます

野生下におけるトラの保全への重大な寄与となる資金調達

世界規模でのトラ復帰計画においてパートナー間で合意された厳格な基準に基づく適切なプロジェクトの選択

効果的なコミュニケーションを介した、トラの認知度や保全活動に関する認識の向上

寄付のお願い

野生のトラの将来のために今できることは、寄付をすることです。

一回だけの寄付をする

毎月の寄付を登録する

みなさまからのご寄付がとのようにトラの保全に役立つか、以下をご参考になさってください。

40ポンドでスマトラ島における地域レンジャー 1名分の 1ヶ月分のお給料を支払えます。

67ポンドでスマトラ島のクリンチスブラット国立公園におけるFlora and Fauna Internationalのために、携帯無線機を購入できます。

36ポンドでスマトラ頭のレンジャー 1名にカメラ付き携帯電話を購入できます。

100ポンドでマレーシアにおけるMYCAT CAT walks のための十分な応急処置キットおよび装備品を一年分を購入できます。

寄付パッケージ

みなさまからのご寄付は野生下のトラの保全計画に全額直接送付されます。私どもの経費別のものであり、みなさまからのご寄付が私どもの経費に使われることは一切ありません。

 

21世紀のトラについて

21世紀のトラについてトラは、ドリームワールド野生生物基金(Dreamworld Wildlife Foundation)およびロンドン動物園協会(Zoological Society of London)が行う、野生下のトラの保全のための取り組みです(ロンドン動物園協会はイングランドおよびウェールズにおいてチャリティ団体として登録しています。登録番号:.208728)。

Information about 21st Century Tiger, its mission and how to donate in Japanese.

Translated by Dr Kanako Tomisawa, Official Japanese Advisor to 21st Century Tiger

翻訳:冨澤奏子(21世紀のトラ公式日本人アドバイザー)